株式指標 投資の基礎知識

ROEとは?ROEの意味と役割について

更新日:

ROE

株式指標ROE」について解説します。

ROEは、会社の純資産に対してどれだけ効率的に利益を生み出しているか?を表す指標です。

ROAの親戚みたいなものですね。

ROAは会社の「総資産」に対して、どれだけ効率的に利益を生み出しているか?を表しますが、ROAの場合は「純資産」を使います。

ROEとは?

ROEとは、Return On Equity(自己資本利益率)の略で、会社の純資産に対してどれだけ効率的に利益を生み出しているか?を表します。

日本の上場企業の平均ROEは約8%といわれています

ちなみに、会社が株主から預かったお金は、貸借対照表の純資産の項目に計上されます。

ということは、純資産に対してどれだけ効率的に利益を生み出しているかを表すROEは、株主のお金をどれだけ効率的に使えているか?を表すわけです。

 

とすると、投資家としては「ROAよりROEを重視した方が良い」ということになります。

 

ただ、借金でレバレッジを掛けているからROEが高いという場合もありますので、その点は注意が必要です。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」によると、ウォーレン・バフェット氏もROEを重視しているようです。

ROEの計算方法

ROEの計算図

  • ROE=当期純利益÷純資産

ROEは、損益計算書の当期純利益を、貸借対照表の純資産で割ると算出できます。

ROAの場合と同じく、ROEの計算には財務3表の2つの表が必要になりますので注意してください。

EPSBPSCFPSの場合は、財務3表のうち1つだけ使えば計算できます。

ROEが上がるが(下がる)要因

ROEが上がる要因

ROEは、当期純利益に対して純資産が減ると上がります。

また、純資産に対して当期純利益が増える場合も上がります。

ROEが下がる要因

ROEは、当期純利益に対して純資産が増えると下がります。

また、純資産に対して当期純利益が減る場合も下がります。

まとめ

  • ROEとは「自己資本利益率」のこと
  • ROE=当期純利益÷純資産
  • 日本の上場企業のROEは約8%
  • ROEが上がる要因:当期純利益に対して純資産が減る、純資産に対して当期純利益が増える
  • ROEが下がる要因:当期純利益に対して純資産が増える、純資産に対して当期純利益が減る
EPSとは?EPSの意味と役割について

代表的な株式指標である「EPS」について解説します。   『EPS…? PERならしってるけど…』   という方は多いのではないでしょうか? それもそのはず。PERは、株式投資の本 ...

PER
PERとは?PERの意味と役割について

PER(株価収益率)について解説していきます。 株式投資をしていない方でも、PERという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?   PERは数ある株式指標の中でもっとも重要な指 ...

 

株式投資の基礎知識「株式指標」まとめ

-株式指標, 投資の基礎知識

Copyright© お金帳 , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status