株式指標 投資の基礎知識

ROAとは?ROAの意味と役割について

更新日:

ROA

株式指標ROA」について解説します。

ROAは、会社の規模(総資産額)に対して、どれだけ効率的に利益を生み出しているのか?を表す指標です。

上場企業の中には、会社の規模は立派だけど、全然利益を生み出していない会社というものもあります。

逆に、会社の規模はそんなに大きくないけど、半端なく利益を生み出している会社というものもあります。

どうせなら、規模は小さいけれど効率的に利益を生み出している会社に投資したいですよね?

そういった会社を見つけるときに、ROAが重要になってきます。

ROAとは?

ROAとは、Return On Asset(総資産利益率)の略で、会社の総資産に対して、どれだけ効率的に利益を稼いでいるか?を表します。

ROAの値(%)が高いほど、効率的にお金を稼いでいることを意味します。

日本の上場企業のROAは約5%だと言われていますので、ROAが5%以上だと効率的に稼いでいる会社ということができます。

株式指標の平均値は業種によって異なります。

ROAの計算方法

ROAの計算図

  • ROA=当期純利益÷総資産

ROAを計算するには、貸借対照表(BS)の総資産額と、損益計算書(PL)の当期純利益の数字が必要になります。

 

例えば、EPSを計算する場合は、損益計算書の純利益と発行済み株式数。

BPSを計算する場合は、貸借対照表の総資産額と発行済み株式数。

というように、財務3表のうちの1つだけ利用すれば計算できました。

 

しかし、ROAを計算する場合は、貸借対照表と損益計算書の2つが必要なので注意してください。

ROAが上がる(下がる)要因

上がる要因

ROAは、会社の総資産額に対して純利益が増えると、上がります。

純利益に対して総資産額が減ると、上がります。

下がる要因

ROAは、会社の総資産額に対して純利益が減ると、下がります。

純利益に対して総資産額が増えると、下がります。

まとめ

  • ROAとは「総資産利益率」のこと
  • ROA=当期純利益÷総資産
  • 日本の上場企業のROAは約5%
  • ROAが上がる要因:総資産額に対して純利益が増える、純利益に対して総資産額が減る
  • ROAが下がる要因:総資産額に対して純利益が減る、純利益に対して総資産額が増える
BPS
BPSとは?BPSの意味と役割について

基本的な株式指標である「BPS」について聞いたことはあるでしょうか? BPSは、別名「会社の解散価値」とも呼ばれています。   なぜか?   理由は簡単。もし、会社が解散した場合、 ...

PBR
PBRとは?PBRの意味と役割について

株式指標「PBR」について解説していきます。 PBRは、PERと同じく、株の割安さを示す代表的な数字としてよく利用されています。 PERの兄弟のようなものですね。 PERが、一株あたり純利益を基準に株 ...

 

株式投資の基礎知識「株式指標」まとめ

-株式指標, 投資の基礎知識

Copyright© お金帳 , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status