株式指標 投資の基礎知識

PCFRとは?PCFRの意味と役割について

更新日:

PCFR

株価指標PCFR」について解説します。

PCFRとは、営業キャッシュフローに対して株価が何倍で売買されているか?を表す指標です。

PERは損益計算書の純利益を基準に、株価が何倍で売買されているか?を表します。

PBRは損益計算書の純資産を基準に、株価が何倍で売買されているか?を表します。

PCFRの場合は、キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローが基準になります。

要するに、PCFRは会社の本業の稼ぎ力に対しての割安度を測る指標ってことですね。

PCFRとは?

PCFRとは、Price Cash Flow Ratio(株価キャッシュフロー倍率)の略で、株価が1株あたり営業キャッシュフロー(CFPS)の何倍になっているかを表します。

PCFRが10倍未満だと割安だと判断されます。

PCFRの計算方法

PCFRの計算図

  • PCFR=株価÷1株あたり営業キャッシュフロー(CFPS)

PCFRは、株価をCFPSで割ると計算できます。

PCFRは、PERの妥当性を確認する際によく使われます。

たとえば、会社に一時的な収入(設備売却など)、もしくは損失(事故など)があった場合、純利益が増減します。

純利益が増減すると、1株益(EPS)が上下します。

1株益が上下すると、PERも上下します。

 

このように、"一時的な"収入や損失で株価の割安度合いが変わってしまうのはおかしいですよね?

 

こういった場合、PCFRが利用されます。

PCFRは営業キャッシュフローを基準にしていますので、一時的な収入、または損失に影響されません

シンプルに会社の稼ぎ力に対して株価が割安かどうかが測れます。

要するに、PCFRを使えば、「PERでみると割高だけど、実は一時的に割高になっているだけで、本当は割安な株」を見つけられるというわけです。

PCFRの上がる(下がる)要因

PCFRが上がる要因

PCFRは、営業キャッシュフローが基準になっているので、営業キャッシュフローが減ると上がってしまいます。

また、増資などによって1株あたり営業キャッシュフロー(CFPS)が下がる場合も、上がってしまいます。

PCFRが下がる要因

PCFRは、営業キャッシュフローが増えると下がります。

また、自社株買いなどによって1株あたり営業キャッシュフローが上がる場合も、下がります。

まとめ

  • PCFRとは「株価キャッシュフロー倍率」のこと
  • PCFR=株価÷1株あたり営業キャッシュフロー(CFPS)
  • 一般的にPCFR10倍未満だと割安
  • PCFRが上がる要因:営業キャッシュフローが減る、増資
  • PCFRが下がる要因:営業キャッシュフローが増える、自社株買い
CFPS
CFPSとは?CFPSの意味と役割について

CFPSについて解説していきます。 CFPSは、会社の稼ぐ力を1株あたりに換算するといくらになるのか?を表します。 会社の稼ぎ力を判断するのに必須の指標です。

 

株式投資の基礎知識「株式指標」まとめ

-株式指標, 投資の基礎知識

Copyright© お金帳 , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status