株式指標 投資の基礎知識

PBRとは?PBRの意味と役割について

更新日:

PBR

株式指標PBR」について解説していきます。

PBRは、PERと同じく、株の割安さを示す代表的な数字としてよく利用されています。

PERの兄弟のようなものですね。

PERが、一株あたり純利益を基準に株価が何倍で売買されているか?を示すのに対して、PBRは一株あたり純資産を基準にします。

PBRとは?

PBRとは、Price Bookvalue Ratio(株価純資産倍率)の略で、株価が一株あたり純資産(BPS)の何倍になっているか?を表します。

PBRが1倍未満だと割安と判断されます。

なぜ1倍未満だと割安なのかは、PBRの計算方法をみればわかります。

PBRの計算方法

PBRの計算図

  • PBR=株価÷1株あたり純資産(BPS)

PBRは、現在の株を1株あたり純資産で割ると算出できます。

例えば、純資産100万円、発行済み株式数が100枚、株価が1万円の会社があったとしましょう。

この会社が上記の状態で解散すると、保有株式数に応じて、株主に純資産が分配されます。

株価1万円の株を1株持っていた人は1万円もらえるってことですね。

 

特もなければ損もなしです。これが、PBR1倍の状態です。

 

もし、PBR2倍だったらどうでしょう?

純資産50万円、発行済み株式数が100枚、株価が1万円の場合、1万円÷5000円=2で、PBRは2倍になります。

1株あたり純資産に対して、株価が2倍の値で取引されているってことです。

この状態で会社が解散した場合、株主は株価1万円の株式を持っていたのに、1株あたり5000円しかもらえません。

PBR=1と比較すると、PBR=2の場合は、割高な株に投資しているということになりますね。

 

ということで、PBR1倍未満なら割安、それ以上なら割高といった具合に、割安を判断する指標としてPBRはよく利用されます。

PBRが上がる(下がる)要因

PBRが上がる要因

上記でも触れましたが、PBRは純資産が減ると上がります。

また、増資などによって発行済み株式数が増えた場合も、上がります。(一株あたり純資産の値が減るので)

PBRが下がる要因

PBRは、純資産が増えると下がります。

また、自社株買いなどによって発行済株式数が減った場合も、下がります。(一株あたり純資産の値が増えるので)

まとめ

  • PBRとは「株価純資産倍率」のこと
  • PBR=株価÷1株あたり純資産(BPS)
  • PBRが1倍未満だと割安
  • PBRが上がる要因:純資産が減る、増資
  • PBRが下がる要因:純資産が増える、自社株買い
BPS
BPSとは?BPSの意味と役割について

基本的な株式指標である「BPS」について聞いたことはあるでしょうか? BPSは、別名「会社の解散価値」とも呼ばれています。   なぜか?   理由は簡単。もし、会社が解散した場合、 ...

 

株式投資の基礎知識「株式指標」まとめ

-株式指標, 投資の基礎知識

Copyright© お金帳 , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status