ネット証券 おすすめ証券会社

【証券会社比較】株初心者におすすめのネット証券BEST5

更新日:

証券会社 徹底比較

株式投資を始めるには、証券会社で証券口座を開設する必要があります

なぜかといいますと、株式投資をするには…

 

  1. 証券会社で証券口座を作る
  2. 証券口座にお金を振り込む
  3. 証券口座のお金で株式を売買する

 

という①→②→③流れで投資することになるからです。

勝手に自分の銀行口座で投資を始めることはできません。

 

ですので、株式投資をするには、まず証券会社で証券口座を作らなくてはなりません。

ここで問題になってくるのが…

 

どの証券会社で口座開設するか?

 

です。

というのも、各証券会社によってサービスや使い勝手が違うので、適当に選んでしまうと…

 

  • 手数料が高い
  • 使い勝手が悪い

 

といった理由で、あとあと証券会社を変えたくなってしまうからです。

なので、自分に合った証券会社を選ぶ必要があります。

これから投資を始める株初心者の方が、いきなり自分に合った証券会社を選べと言われても難しいと思われるかもしれませんが…

 

実は簡単です。

 

なぜなら、SBI証券と楽天証券が、その他の証券会社を圧倒的に引き離して優れているからです。

手数料の安さでも、使い勝手においても、ダントツNo.1です。

ですので、SBI証券か楽天証券で口座開設すれば、まず間違いありません。

結論!SBI証券か楽天証券がおすすめ!

SBI証券と楽天証券は、手数料も、使い勝手も、その他のオプションサービスにおいても、他の証券会社を引き離してダントツに優れています。

事実として、SBI証券はネット証券口座開設数No.1で圧倒的人気です。

楽天証券もSBI証券についで人気の証券会社です。

どちらもサービスの品質は同等なので、投資初心者の方はSBI証券か楽天証券のどちらかで口座開設すれば間違いありません

ただ、どちらを選べばいいかわからないという人もいらっしゃると思いますので、それぞれの違いを簡潔にまとめますと…

 

  • SBIは投資経験のある方におすすめ
    (シンプルさ重視。余計な機能がない)
  • 楽天証券は投資初心者におすすめ
    (操作画面がわかりやすい。直感的に使える)

 

ということになります。

本記事をこれ以上読んで頂いても、この結論が変わることはありません。

なので、時間がもったいない人は、このままSBI証券か楽天証券で口座開設申し込みしてもらって何の問題もありません。

 

 

一応、SBIと楽天以外の証券会社も知りたいという人のために、おすすめ証券会社ベスト5をまとめておきます。

各証券会社の特徴を比較しながら箇条書きでまとめていますので、一番相性の良さそうな会社を選んでみてください。

繰り返しになりますが、迷ったらSBI証券か楽天証券で口座開設しておけばまず間違いありません

ちなみに、証券会社には店舗を持たない「ネット証券」と、実店舗のある「普通の証券会社」がありますが、ネット証券がおすすめです。

なぜなら、実店舗をもつ普通の証券会社は、株式の売買手数料が高いからです。

実店舗をもつ証券会社は、店舗運営のために人を雇ったり、店舗の土地代を払わなければなりません。そのコストが売買手数料に上乗せされています。

本記事で紹介している証券会社は、SBI証券、楽天証券を含め、全てネット証券です。

【SBI証券】ネット証券No.1!地方の証券取引所の株も買える

SBI証券スクリーンショット

SBI証券のメリット

  • ネット証券口座開設数No.1!
  • 国内株式個人売買代金No.1!
  • 業界最安水準の手数料!
  • 外国株の取扱数No.1!
  • 地方証券取引所の株式も売買可能!

SBI証券は、ネット証券業界で最も人気のある証券会社です。

初心者から中〜上級者まで、幅広い層に支持されていて、口座開設数は440万口座以上!(2018/11/16時点でネット証券業界No.1の口座数)

 

口座開設数No.1なので、当然売買取引高もNo.1

 

しかも、売買手数料も業界最安水準で、なんと約定代金10万円までなら手数料0円で売買できます。

さらに、SBI証券は外国株の取扱にも積極的で、米国・タイ・インド・シンガポール・マレーシアなど、さまざまな国の株式に投資できます。

外国株だけでなく、国内株の取扱も積極的で、札幌証券取引所や名古屋証券取引所など、地方の証券取引所だけに上場されている株式にも投資できます

公式: SBI証券

ちなみに、約8年半で株価が689倍になったライザップは札幌証券取引所に上場しています。

【楽天証券】楽天ユーザーと相性良し!楽天ポイントで投資信託が買える

楽天証券スクリーンショット

楽天証券のメリット

  • 初心者に使いやすい直感的な操作画面!
  • 業界最安水準の手数料!
  • 楽天ポイントが貯まる!
  • 楽天ポイントで投資信託に投資できる!
  • プロ向けトレーディングツール「Market SPEED2」が使える

楽天証券はSBI証券と比較して、初心者にやさしく使いやすい操作画面が魅力です。

初めて投資をする方でも直感的に株式の売買ができるようになっています。画像や円グラフが多用されているので、目で見るだけで資産状況が把握できます。

また、売買手数料はSBI証券と同じく最安水準です。

 

使いやすさと最安手数料を考えると、楽天証券はこれから資産運用を始める投資資金の少ない方にとって最適の証券会社といえます。

 

また、楽天証券は楽天系列のサービスですので、投資するたびに楽天ポイントが貯まるのもメリットの1つです。

もちろん、貯めたポイントを現金として投資することもできます。

ちなみに、楽天証券は初心者に使いやすい証券会社ですが、「マーケットスピード」という超プロ向け株式トレードツールも提供しています。

ですので、楽天証券で投資を初めて、徐々に初心者から中〜上級者になったとしても、楽天証券から他の証券会社に乗り換える変える必要性は特にありません。

公式: 楽天証券

【マネックス証券】米国株の取扱数No.1!米国株に投資する人におすすめ

マネックス証券スクリーンショット

マネックス証券のメリット

  • 米国株の取扱数No.1!
  • 米国ETFに手数料無料で投資できる!
  • 注文有効期限は最長90日
  • 様々な自動売買注文に対応!

マネックス証券は、米国株の取扱銘柄数No.1です!

SBI証券も外国株の取扱銘柄数は多いですが、米国株の取扱数で比較するとマネックス証券の方が圧倒的に多いです。(SBI証券の米国株取扱数が約1400銘柄に対して、マネックス証券は3400銘柄)

 

また、米国ETFに手数料無料で投資できる「ゼロETF」というサービスがあるので、高くなりがちな外国株の売買手数料を節約できます。

 

さらに、マネックス証券は最長90日先まで予約注文できるのに加えて、逆指値やトレーリングストップなどの自動注文にも対応しています。

ですので、一日中パソコン画面に張り付いていなくても、自分のペースでゆったりと投資することができます。

SBI証券も楽天証券もおすすめの証券会社ではありますが、上記のメリットをみて分かる通り、米国株をメインに投資するならマネックス証券がおすすめです。

公式: マネックス証券

【カブドットコム証券】日本のETFが手数料無料で買える

カブドットコム証券スクリーンショット

カブドットコム証券のメリット

  • 日本株ETFに手数料無料で投資できる!
  • さまざまな自動売買注文に対応!
  • プチ株で1株単位から売買可能

カブドットコム証券は、日本株のETFを手数料無料で買える「フリーETF」というサービスがあります。

個別株ではなく、国内市場に上場しているETFに投資すると決めているなら、フリーETFは売買手数料のコスト削減に有効です。(マネックス証券のゼロETFは"米国株ETF"の売買手数料が無料)

 

また、カブドットコム証券は様々な自動売買注文に対応しているのも魅力です。自動売買注文の対応数はネット証券No.1で、マネックス証券よりも多いです。

 

さらに、100株や1000株からしか買えない株でも1株から売買できる「プチ株」というサービスがあります。投資資金の少ない方でも小学から投資できます。

公式: カブドットコム証券

【ウェルスナビ】全自動で資産運用してもらえる(不労所得ならココ)

ウェルスナビのスクリーンショット

ウェルスナビのメリット

  • ロボアドバイザーで全世界に投資!
  • 最適なポートフォリオを自動作成!
  • 全ておまかせで手数料は1%のみ(3000万円を超える分は0.5%)

ウェルスナビは最近できた証券会社で、ロボアドバイザー(AI)を使って投資家に最適な銘柄を選び、しかも自動的に運用してくれるのが魅力です。

全6問の無料診断アンケートに答えるだけで、世界中の株式から投資家のリスク許容度にあったポートフォリオを自動作成してくれます。

もちろん、一部の株が上がりすぎたり下がりすぎたりした場合は、自動でリバランスしてくれます。

 

要するに、株の銘柄選びから運用まで全自動で行ってくれるわけです。

 

しかも、すべておまかせで資産運用できるのにもかかわらず手数料は1%です。

まぁ正直…手数料1%は少し高いかなと感じますが、3000万円を超える分に関しては半額の0.5%になりますし、「何もしなくて良い」というメリットを考えると妥当なラインかなとは思います。

投資を勉強するのが嫌。あまり情熱を注げない。どちらかというと苦手。という人は、ウェルスナビがいいかもしれません。

嫌いなことを続けても上手くはなりませんからね。嫌々苦手な投資を続けた末に損するぐらいなら、AIに任せた方がマシともいえます。

人間の感情を排除して運用してもらえるので、狼狽売りや高値掴みといった、人間特有のミスをなくせますので。

『不労所得』という点で考えると、ウェルスナビはまさにピッタリの証券会社です。

公式: WealthNavi

まとめ

結論は冒頭で書いたものと変わりません。

 

一番おすすめの証券会社はSBI証券か楽天証券です。

 

あなたが株初心者であっても、投資の経験がある方であっても、やはりSBI証券か楽天証券がおすすめです。

もうこの2社は他社と比較するまでもありません。ネット証券業界のなかで最高のサービス、最安の手数料を提供する証券会社です。

両者とも大手証券会社なので、他の証券会社と資金力が違います。ですので、たとえ他の証券会社が新サービスを提供したところで、後追いでさらに良いサービスを提供してきます。

 

他の証券会社には申し訳ありませんが、やはりSBI証券か楽天証券が一番おすすめの証券会社ということになります。

 

どちらを選んでも、そこまで差はありませんので、お好きな方を選んでください。

おそらく、SBI証券か楽天証券で満足できなければ、他のどの証券会社を使っても満足できないと思います。

それぐらい、この2社は他の証券会社を引き離して優れています。

 

 

強いて言うなら、本格的に個別株投資をしようと考えているなら、地方の証券取引所に上場している株にも投資できるSBI証券の方がいいでしょう。楽天証券では投資できない有望株に投資できるチャンスがありますので。

ただ、私もそうですが、SBI証券と楽天証券の両方に口座開設して、メイン口座とサブ口座として使っている人も多いので、そういう使い方でもOKです。

例えば、SBI証券は個別株の短期投資用として使い、楽天証券は投資信託などの長期投資用に使うといった具合です。

 

どうしても投資の時間が取れない。投資の勉強は面倒くさい。

でも、お金は増やしたい…

 

という人は、ウェルスナビを使うのがおすすめです。

というか、投資の勉強したくないけど、出来るだけ安全に投資でお金が増やしたいという場合、ロボアドバイザーを使う以外に選択肢はほぼありません

ウェルスナビなら、ロボアドバイザーが勝手に資産運用してお金を増やしてくれますので、投資初心者でも不労所得が作れます

一応、SBI証券会社や楽天証券でもロボアドバイザーのサービスはありますが、ウェルスナビはロボアドバイザーに特化した証券会社です。

「餅は餅屋に」ということで、ロボアドバイザーに投資を任せるなら、ロボアドバイザー専門の証券会社に任せたほうがいいのではないかなと思います。

 

まとめますと…

 

  • 本格的に投資にチャレンジしたい方→ SBI証券
  • 投資を始めたばかりの初心者の方→ 楽天証券
  • 全部おまかせで投資したい方→ WealthNavi

 

ということになります。

-ネット証券, おすすめ証券会社

Copyright© お金帳 , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status