株式投資の学校 ファイナンシャルアカデミー

投資のリスクを管理する3つのポイント

更新日:

リスク管理3つのポイント

運用資産を減らさないためには、リスク管理を徹底する必要があります。

でないと、万が一、株価が暴落したときに資産を一瞬で失ってしまいます。

当然、お金持ちになることも、セミリアイア生活も…、正直諦めないといけないでしょう。

こうならないためにも、リスクはしっかりとコントロールしなければなりません。投資初心者のうちは特に、です。

しかし、リスク管理と言われても何をどうすればいいのかわからないと思います。

実は、3つのポイントを抑えておくだけで投資のリスクは軽減できます

1銘柄に投資する割合は20%以下にする

例えば「この株は絶対上がるっ!」と確信している株に、必死で貯めた1000万円を全額投資していたとしましょう。

次の日、この株が50%下がれば、投資資金は500万円になってしまいます。非常に危険です。

 

『突然株価が50%も下げるなんてありえない』

 

と思いますか?

 

リーマン・ショック時のS&P500の下落幅

下げるんですよ…。

実際、リーマン・ショック時にS&P(アメリカの日経平均みたいたもの)は直近の高値から約42%下げました。その間、たった1年半です。

S&Pは市場平均指数ですから、それ以上下げた個別株があるということです。

 

突然株価が50%下げることは、あるんです。

2007年から2009年までだと約60%下がっています。
参考:投資の3つのリスク(銘柄・金額・時間リスク)をコントロールする方法

 

ですので、万が一の暴落で資産の大半を失ってしまわないためにも、1銘柄に投資する割合は投資資金の20%以下に抑えておきましょう。

例えば、20%×5銘柄の分散投資でリスクを軽減しても構いませんし、20%投資して、残りの80%は現金で持っておく金額分散でリスク軽減しても構いません。

どちらにしても、1銘柄へ全資産を集中投資するよりリスクを減らせます。いくら自信がある株であっても、1銘柄への全資産100%投資するのは危険です。

"投資する前に"投資する理由を明確にしておく

夜中に経済ニュースサイトや、スマホで株アプリのチャートを眺めていると、なんとなく思いついた良さそうな銘柄に投資してしまいがちです。(私はあります…)

しかし、なんの分析もせず、思いつきで投資した株が上がることは稀です。

もし運良く上がったとしても、なぜ上がったのかの原因がわかりません。再現性もありません。思いつきで投資してるわけですから。

逆に、適当に投資して儲けた経験があると、ギャンブル癖が付いてしまいます。

ギャンブル感覚で投資すると、いつか全資産失ってしまいます。サイコロ振って運任せで投資してるのと同じですからね。

 

ですので、投資する前に必ず「なぜその銘柄に投資するのか?」という理由を明確にしておきましょう

 

これを習慣にすると、分析→投資→結果→分析→・・・のPDCAサイクルが回せますから、投資スキルが上がっていきます。

投資スキルが上がれば、徐々に投資で損するリスクが減っていきます。

損切りする

損失が出ている株に対しては、「もう少ししたら上がるかも…」と期待してナンピン買いしがちです。

ナンピン買いしなくとも、塩漬けにして見てみないふりしてしまいがちです。

もし、ナンピン買いを続けても一向に株価が上がらなかった場合、損失が余計に膨らんでしまいます。

塩漬けするにしても、損失が増えることに変わりはありません。資金が動かせないので、運用効率が悪くなるという面でもマイナスです。

 

ですので、一定以上損失が出た銘柄は思い切って損切りしましょう。

 

損切りするタイミングは難しいとは思いますが、上記で書いたように「投資した理由」を明確にしていれば、迷うことはありません。

投資した理由が崩れたら損切りすればいいだけです。

例えば、「業績がいい株なのに、PERがあまりにも割安に放置されていたから買った」のであれば、業績悪化、もしくはPERが適正水準以上になれば売却すればいいということです。

または、投資した時点から株価が10%下がったら損切りするというように、機械的に損切りタイミングを決めてしまうのも一つの方法です。

 

どうしても損切りするのが難しいという方は、保有株以外にいくつか「いつか投資したい銘柄」をピックアップしておくのがおすすめです。

 

そうすれば、いつまでも損した株を持っておくより、思い切って売却して、他の有望株に投資しようという気になれます。心理的にスムーズに損切りが出来ます。

まとめ

  • 1銘柄に投資する割合は20%以下にする
  • "投資する前に"投資する理由を明確にしておく
  • 損切りする(投資したい銘柄を複数持っておくと心理的に損切りしやすい)

以上が「投資のリスクを管理する3つのポイント」になります。

ちなみに、ワタクシゴトですが…長期投資用の運用資産がみるみる目減りしております。

米国と中国の貿易摩擦の影響で、投資している新興国株が急激に下げているのが原因です。

投資のリスク管理の重要さ、痛感しております…。

参考リンク

株式投資スクールまとめ
ファイナンシャルアカデミー「株式投資スクール」の内容まとめ

お金に関するオンラインスクール「ファイナンシャルアカデミー」の『株式投資スクール』講座内容まとめです。 全てのWEB受講を見て、テキストを読んで、私が重要だと思ったことをまとめました。 株式投資に関し ...

-株式投資の学校, ファイナンシャルアカデミー

Copyright© お金帳 , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status